Skip to content

理想のカラダを手に入れるためのストレッチ方法

理想のカラダとはどんなカラダですか?

テレビや雑誌で堂々とポーズするタレントやモデルのようなカラダでしょうか?

ダイエットをすることでそれに近づけることは出来ます。しかし基本的なことを知っていないと、せっかくのダイエットでの苦労がリバウンドによって無駄になってしまいます。

痩せるだけでは意味がないのです。痩せやすいカラダを作るにはどのような方法を取るといいのでしょうか。

ダイエットには運動と食事制限が必須なのです


なぜ太ってしまうのか、食べ過ぎ運動不足が主な原因です。

しかし、食事制限はどうにかなってもなかなか運動は出来ないという人が多いでしょう。

適度な運動によって均整の取れた筋肉を維持することは、脂肪の燃焼を助け新陳代謝を活発にし、代謝をあげることが出来ます。

ダイエットには欠かせないことですので、どのような方法をとるにしても運動はした方がいいのです。

今はとても便利な世の中ですので、ダイエットサプリで食事制限はある程度楽にこなすことが出来ますので、問題は運動をする時間を取るということでしょうか。

運動不足にまずはストレッチ

運動不足だからと言っていきなりジョギングなどを始めるかというと、その時間を取ることも難しい人もいるでしょう。

筋肉を鍛えることが大切だと言っても、いきなり激しい筋トレをしても続かないのでは意味がありません。それでは体を壊してしまって、ダイエットサプリ 効果どころではなくなる可能性も考えられます。

手始めにストレッチから始めましょう。

柔軟性のある筋肉は代謝を上げますので、その後の運動効率を上げ、より脂肪の燃焼を助けることにもつながります。

痩せるストレッチは習慣づけることが大切

痩せるストレッチは、カラダの中でも大きな筋肉を伸ばし柔軟性を保つことでその効果が出てきます。

しかし筋肉は使わずにいるとどんどん衰えていくものですので、ストレッチは毎日の習慣として行うことをおすすめします。

それを習慣づけるだけで、運動が出来ない日があっても急にリバウンドしたりしない痩せやすい体を保つことが可能になるでしょう。

効果的な痩せるストレッチは筋肉が伸びやすいときに行う

筋肉が伸びやすいときとは、ある程度カラダが温まっているときと言う意味です。

ストレッチの効果が一番出やすいのは温まった後、入浴の後が効果的なのです。

痩せるストレッチのコツは大きな筋肉を意識することです。

大きな筋肉とは肩甲骨周り、太もも、ふくらばぎなどで、どの筋肉が伸びているのかを意識しながら行うことが大切です。